自損事故保険の中身

一般的な自動車保険というのは、相手がある自動車事故を想定してつくられたものですので、たとえば自動車が電柱にぶつかって乗っていた本人がケガをしたといった、相手がいない事故の場合には、保険金が下りることがありません。それでは任意保険ではなく、強制保険である自賠責保険で対応が可能であるかといえば、こちらも保険金請求は難しいといえます。自賠責保険は、交通事故の被害者に対しての最低限の補償が目的であるため、事故の加害者が加入していた任意保険が下りないとしても、保険金の請求は可能なのですが、そこには自損事故までは含まれていないのです。自賠責保険が使えない場合の特例として、政府保障事業制度という、似たような制度もありますが、こちらも基本的な取り扱いは同様となっています。こうした場合に役立つのが、任意保険にはたいてい自動付帯としてセットされている自損事故保険です。自損事故保険では、自動車事故によって、保険を契約している自動車に乗っていた人が死亡またはケガをした場合に、所定の保険金を支払うというものです。ただし、保険金の上限額がかなりタイトに設定されており、これだけでは足りないという場合も多いことから、現在ではさらに内容が充実した別の保険のほうに加入するケースもみられます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿