「人身傷害補償保険」について

人身傷害補償保険というのは、契約自動車を運転しているドライバーを含めて、搭乗中の人が交通事故によってケガや死亡といった損害をこうむってしまった場合に、その損害に応じて保険金が支払われるというタイプの保険のことをいいます。自動車保険としては一般的な対人賠償保険が、あくまでも事故の相手側のケガや死亡という損害を前提としているのに対して、この人身傷害補償保険のほうは、乗っている側の損害に対応したものとなりますので、両方とも加入をしておくのが安全であるといえます。この人身傷害補償保険は、ドライバーがよそ見をしていてガードレールや電信柱にぶつかってしまう単独事故のように、相手側が存在しない場合であっても、保険金がきちんと支払われるというのが特徴となっています。また、相手のある事故の場合にも、通常であれば保険金の支払いは示談の成立により過失割合などが決まってからとなりますが、この人身傷害補償保険では、示談の成立前であっても、所定の金額の保険金が支払われるというのも、特徴のひとつに挙げられるところです。さらに、保険を契約した本人やその家族などの一定の範囲の人であれば、道を歩いていて自動車事故に巻き込まれてケガをしたといった、車に乗っていないときの損害についても補償が及びます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿