自動車保険の補償内容とは

自動車事故に遭った際に、被害者は加害者から交通事故における損害の補償を受けることが出来ます。通常は、加害者が加入している自動車保険により補償されることになります。その補償としては、事故により壊れた自動車に対する補償である物損補償と、被害者が負った怪我に対する補償の2種類があります。物損に対する補償は、修理費用全額あるいは、その時点での当該車両の評価額が支払われます。これに対して怪我に対する補償は、怪我か完治あるいは症状固定になるまでの全治療費をはじめとして、怪我を負わせたことに対する慰謝料と通院費、怪我によって仕事を休んだ場合には、休業補償。その他入院雑費や看護料など、ケースによって補償されるものは異なってきます。また、怪我が後遺障害の等級認定を受けた場合には、その後遺障害に対する慰謝料及び、怪我がなければ将来得られたであろう収入に対する補償の後遺障害逸失利益が補償額に加えられます。さらに、将来的に手術(股関節人工骨頭の置換手術など)が必要となることが判明している場合には、その手術費用についても補償されます。このように、自動車保険の補償内容は様々なものに及びます。これらの補償額の算出は、加害者側の任意保険会社担当者が行いますので、示談交渉はその金額について合意出来るか否かが中心となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿