自分や同乗者への補償

自動車保険には事故を起こしてしまった際に、損害を与えてしまった相手に対する補償責任を果たすと言う役割があります。そしてそれと同時に、事故に巻き込まれ損害を被った際にも補償を受けることができる、いわば自分で自分の身を守る、あるいは家族をはじめとした同乗者の身を守ると言う役割も持っています。自動車保険において、これらの補償として挙げられるのが人身傷害保険や搭乗者傷害保険です。ちなみに搭乗者とは、保険が適用される自動車に乗っている人のすべてを指します。ですから、運転手も同乗者も搭乗者と言うことです。まず人身傷害保険は、自分や同乗者が事故によって死傷、また後遺障害を負った場合に適用されるもので、治療費は勿論のこと、精神的損害や休業損害、将来の介護費用や逸失利益、葬儀費などが、実際の損害額程度、支払われると言う内容です。また過失割合、事故の発生に関してどちらにより非があるかと言う割合に関係なく、賠償が実行されると言う特徴があります。これに対して搭乗者傷害保険は、補償が適用される対象に関しては、人身傷害保険と変わりはありません。ただしこちらは、死亡や後遺障害に対して支払われる賠償額があらかじめ設定されています。そのため人的傷害保険に比べると、賠償金が支払われるまでの期間が短いと言うメリットはありますが、あくまでも人的傷害保険を上乗せさせるための保険と言う意味合いが強いです。自動車に搭乗する人に対して、どのくらい手厚い補償が必要かと言うことを考えた上で、これらの保険の必要性を見極めることが重要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿