注意点について

自動車保険で重要なのは自動車事故によって、他人に怪我を負わせてしまったり、死亡させてしまった場合に支払われる対人賠償保険です。対人賠償保険は強制加入保険である自賠責保険の上乗せの保険金、つまり、賠償金に対して自賠責保険でカバーしきれない部分に関して、契約金額の範囲内で支払われます。保険金の上限については、無制限に加入するのが一般的です。かつては1億円程度で契約する人が多かったのですが、最近では5億円以上の高額賠償事例も出ているからです。無制限に加入していれば、賠償金に関して心配する必要がありません。

ただ、対人賠償保険には注意点もあります。それは自分の子どもや配偶者、親など家族は対象外となってしまうことです。したがって、保険に加入している自分の車で、誤って家族を轢いてしまっても、この保険からは保険金が支払われることはありません。子どもが小さくて心配な場合は、人身傷害補償(特約)の完全補償型の自動車保険に加入することをおすすめします。また家族の場合と似たケースとして、会社のクルマで仕事中に会社の従業員を轢いてしまった場合も、保険金が支払われることはありません。この場合は労災を申請することになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿