「搭乗者傷害補償保険」の補償範囲

自動車保険の搭乗者傷害補償保険は、搭乗者が交通事故によって怪我や死亡してしまった場合に補償される保険で、過失には関係なく支払われ、保険の請求を行っても等級が下がる事がないのが特徴です。
搭乗者は助手席や後部座席に乗っている人のほか、運転している人も含まれますが、飲酒運転や暴走行為など違法な乗り方をしていた場合は、搭乗者傷害補償保険が支払われないので注意が必要です。
搭乗者傷害補償保険の支払い方法は、日数払いと部位症状別払いの2種類があり、保険会社によっては部位別症状払しか選べない場合がありますので、契約内容を確認しておく必要があります。
日数払いは、入院の場合は1日につき保険金額の0.15%が支払われ、通院の場合は0.1%が支払われるシステムで、契約金額が多いほど支払われる保険金は多くなりますが、契約する時の保険料は高くなる傾向にあります。
部位症状別払いは、怪我をした部位ごとに保険金が支払われるシステムで、予め保険会社で設定した金額が、回復に要した日数に関係なく支払われるシステムとなっています。
支払い基準が明確になっているので保険金額が確実に把握できますが、治療が長引くと支払われた保険金では不足する可能性があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿