適正な走行スピードについての考え方

車の免許を取るときに、速度を守るよう話されたことを思い出します。初めて仮免許で一般道に出たとき、教官からもっとアクセル踏んでといわれたことは今でも覚えています。ゆっくりアクセルを踏んでスピードを上げていたのが、もっとアクセルを踏んでと言われたので、戸惑ってしまいました。でも、よく考えると、車の流れに乗ると言うことだったんです。流れに乗らなければ、後続車にブレーキを踏ませることになって迷惑な運転になってしまいます。速度を守ることも大切ですが、車の流れに乗って走ることも大切かと思います。制限速度は、道路やその周囲の状況に合わせて決められていますので、速度を守ることは、自分を守ることにもつながりますし、周囲を危険にさらさないようにするためでもあります。カーブでの事故は、速度を落とさずに曲がりきれなかったり、直線の道路でも急激にアクセルを踏むと車体が揺れてハンドル操作ができなくなり事故につながることもあります。急いでいるときに、前の車両が遅いと感じることもあるでしょうが、自分と周囲への迷惑を考えてマナー運転を心がけていきましょう。みんなで安全運転をして、事故の犠牲者、悲しむ家族が出ないよう優しい運転をしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿