台風や地震による損害は?

自然災害により損害が生じた場合の補償は、保険の災害の内容によって異なります。
基本的に、自然災害に起因する対人・対物の損害に関しては、補償の対象とはなりません。
自らの車両の損害に関しては、車両保険に加入していれば、契約内容次第では補償の対象となります。
一般的には、台風や風水害の場合は保険が適用となります。
台風の場合は、飛んできた瓦礫が車にぶつかってしまったような場合が考えられますが、この場合、保険を適用した場合は、1等級ダウンすることになります。
また、大雨はゲリラ豪雨の場合は、ガードしたのトンネルの冠水に突っ込んでしまったり、土砂災害に巻き込まれるようなケースでこの場合も、保険を適用した場合は、1等級のダウンとなります。
その他大粒の雹により、ガラスが割れたり、ボディーがへこんだ場合、また、雪の重みでボディーがへこんだ場合も同様です。
落雷や高潮による被害も保険適用の対象となります。
一方で、地震や噴火、津波による車両の損害は、基本的に保険適用の対象とはなりませんので、注意が必要です。
ただし、地震、噴火、津波により、車両が全損となった場合に、一時金を支払う特約のついた保険もありますので、保険内容を確認しておくことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿