対物賠償保険の「補償限度額無制限」とは

自動車保険は複数の保険がセットになった商品ですが、そのなかでも重要なものが対物賠償保険です。
自動車保険はローコストに抑えたい理由から補償上限を一億円などにして契約することもできなくはありません。ですが、限度額は必ず無制限にしたほうがいいでしょう。
対物賠償保険とは、他人の財物を補償する保険です。自動車事故で、他人の財物といえば、ぶつけた相手の車が思い浮かぶでしょう。例えば、不注意で前方を走っている車に追突して相手の車がへこんでしまった場合、対物賠償保険が適用されます。しかし、対物賠償保険がカバーしてくれるのは、そうした相手の車だけではありません。電柱やガードレール、建物や店舗、電車や線路、トラックの積荷なども補償されます。
過去のケースを見ても、保障額が一億円を軽く超える賠償額である判例は、いくつもあります。そうした事故を起こしてしまったら個人では対応できません。ほとんどの人が、そうした高額の賠償額を払うことができず、もう自己破産するしかありません。そのため、被害者も十分な補償が受けられません。お互いのためにも限度額は無制限にする必要があるわけです。
しかも、対物賠償保険の無制限とそうでない補償額の毎月の保険料に大きな差はなく、数百円程度なので補償額は無制限にすることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿