対物賠償保険とは

自動車保険の任意保険には、対物賠償保険というものがあります。これは事故の相手方の車やもの、家など他人の財物を自動車事故により壊してしまった場合に補償をしてくれるものになります。少額のものならば自分で補償ができるかもしれませんが、相手の車がバスや荷物を運搬するトラックだったり、突っ込んだ先にあったのがスーパーや商店だった場合、その補償額は莫大なものになり、自分1人では補償できないケースの方がほとんどです。特に事故で電車などにぶつかったり遅延が発生したり、スーパーに突っ込んで店の商品を駄目にしてしまったようなケースでは、数千万円以上の賠償が必要になってきます。そのような時に対物賠償保険が賠償をしてくれるのですが、事故によって壊れたものだけではなく、事故によって休業、また再度復旧するまでの間の休業の損失などもすべて対物賠償保険で支払うことができるのです。ただし、対物賠償保険が補償するものは「他人の財物」のため、車を運転していて自分の家の塀を壊してしまった、というようなケースでは使用できません。また、道路交通法では違反であり、懲役刑がかせられる飲酒運転でも、他人の財物を傷つけたり破壊した場合には、対物賠償保険で補償されます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿