対物賠償保険が適用可能になるのは?

対物賠償保険は、保険に加入した人が所有している車両の使用や管理によって、施設などに被害を与えてしまい、損害賠償を支払う責任が生じた場合に、その賠償金額によって適用される保険です。
簡単に言うと、事故で「他人の財物」に損害を与えてしまった場合に補償される保険ということです。
対人賠償が他人に対して支払われるのに対して、対物賠償は物に限定されています。しかし適用外になる条件は対人賠償と同じように、契約者本人の故意の場合は使えません。
また契約者本人や、その身内と考えられる人、「他人」と認められない人物が所有している財産に対して損害を与えた場合等も対象外となります。つまり自分や身内の物に対しての損害には補償はされないということです。
これに対し、飲酒運転や無免許運転の場合は対物賠償保険が適用されます。これは実害を受けている他人に対して十分な金額が支払われない事態を防ぐためです。
尚、対物賠償保険も1000万円までなど、いくつかの補償限度額の中から選んで契約できますが、法律上の損害に対する賠償責任の総額が対物保険金額を超える場合には保険会社も示談交渉をしてくれません。店舗への損害や、高額な什器への損害など、交通事故では賠償責任を負う金額が高額になることも十分に有り得ますので、対物賠償保険は無制限の物を選んだ方が安心です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿