車種ごと最適なサスペンション形式がある

サスペンションは、道路の表面からの衝撃を緩和したり、車体の姿勢を正しく保ったりする役割を担う部品であり、自動車の乗り心地や操作の安定性に大きく影響するものであることから、車種ごとに最適なサスペンション形式が用いられています。
このサスペンションは、主にリンクアームとスプリング、ショックアブソーバーという部分から成り立っており、それぞれの部分の位置関係などによって形式が分かれています。
もっとも単純な固定車軸方式のサスペンションは、左右両方にあるタイヤが単一の車軸でつながっているもので、堅牢なつくりであることから主にトラックの前後輪に採用されており、小型車や中型車でも駆動輪ではないほうの後輪部分に採用されていることが多い方式です。
また、独立懸架方式は、固定車軸方式とは異なり、左右にあるサスペンションが互いに独立であるもので、道路表面の凹凸に対する追従性が高いという特徴があることから、多くの乗用車、特に四輪駆動車などで幅広く用いられている方式で、現在ではこちらのほうが主流となっています。
サスペンションの方式は、以上のように大きくは固定車軸方式と独立懸架方式とに分かれていますが、そのなかにもさまざまな亜種が存在しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿