マルチリンク式コイルスプリングとは

パプリカマルチリンク式コイルスプリングと言うのは、自動車に使用されているサスペンションの方式の一つであり、様々な種類がある自動車のサスペンションの中でも、最も新しく、最も効果で性能の良い方式です。
従来は、スポーツカーやレーシングカーなどに使用されてきたダブルウィッシュボーンと言う方式が最高と言われてきましたが、このマルチリンク式は、それ以上の性能を実現するために開発された方式であり、色々なリンク機構やアーム類を複雑に組み合わせた形式になっているものです。まだ新しいため、決定的と言われる構造はなく、様々なメーカーが独自の構造を開発し、性能の高さを求めている段階です。
その性能は非常に高く、路面の追従性がダブルウィッシュボーン方式に比べると格段に向上しており、乗り心地や走行性能、ハンドリング性能など、自動車を運転する際に要求される様々な性能を非常に高いレベルで保つことができる方式です。特に後輪に装備した場合には、加速や減速、それに前輪の操舵に応じて最適な状態を保つことができるように作られています。
但し、性能の高さと構造の複雑さから、コスト面で見ると高コストになってしまうため、一般的な乗用車などに使用するには値段が高く、一部の高級車やスポーツカーなどに用いられているだけです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿