「無保険車傷害保険」適用の条件

自動車事故で加害者が自動車保険に加入していなかった場合、損失を被った側に対する補償がじゅうぶんにされないケースが考えられます。また保険には加入していたけれど補償内容がじゅうぶんでない、運転者年齢限定などにより賠償金が支払われないと言う場合、あるいは加害者が事故現場から早々に逃走してしまったと言う、いわゆる当て逃げやひき逃げの場合も補償責任を果たすべき相手が特定できないため同様です。こうしたケースが発生した際、不足した賠償額などの支払いを加害者に代わり保険会社が行い、被害者の救済にあたるのが無保険車傷害保険の特徴です。ただし無保険車傷害保険が適用されるには条件があります。まず、事故による損失が後遺障害または死亡による場合にのみ適用されると言うことです。ですから、治療期間が長くかかるような重いケガでも、完治が見込まれるものに対しては、これは適用されません。また損失を被った側に、自動車を運転するにあたって明らかな非が認められた場合、たとえば飲酒していたとか無免許であったと言う場合、またはその損失の発生が故意であった場合には、たとえ死亡してしまったり、後遺障害があったとしてもこれは適用されません。そして事故に遭った際に、運転していたり乗っていた車が、この保険契約に該当する車であることも適用されるために満たすべき条件です。無保険車傷害保険は、ほとんどの自動車保険においては基本契約を結べば、自動付帯される契約です。しかし中には、オプションとして契約する必要がある場合もあるので注意して下さい。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿