マフラーを選びのバランスとは

自動車を改良するに当たっての一番のポイントはマフラー選びになるでしょう。ほぼ全てのスペックが整っており、あと外観を少し変えるとなれば、マフラーで自分の乗る車をアピールする必要が生じてきます。実際に、それでしか、その個人で保有しているといったアピールができないのではないでしょうか。このマフラー選びには、それなりのバランス感覚が求められるとも言われています。では、どの様なバランスで選択すれば良いのでしょうか。
まず、軽の四輪の場合ですが、これに対して余りに径の大きなマフラーを取り付けたのでは、過大に映ってしまい、バランス感覚が無いと見做されてしまうでしょう。この軽の四輪の場合は、実際は、その大きさではなく、形状や色等の素質で勝負をかけるべきではないでしょうか。いずれにしても、センスが無いと見做されるのは余り心地よいものではないものです。
普通車の場合については、やはり、その自動車に見合った形のマフラーを選ぶべきであり、通常の商用のものを強引に常用に改造したものに対して、過大なものを取り付ける等といった愚は避けるべきでしょう。但し、スポーツカー等で見た目が重要なものに関して言えば、この改良は命となるので、しっかりしたものを取り付けるべきでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿