街乗りにはノーマルが最高のバランスという結論

デザインにこだわってマフラーを交換するという人は多いものですが、純粋な性能で考えた場合交換するのが必ずしも良いとは限りません。
サーキットなどに行って極限の走行をする場合には交換をする効果も高いものとなりますが、街乗りをする上においてはほとんどの場合ノーマルよりもバランスが悪いものとなってしまいます。

ノーマルのマフラーというのは街乗りでのバランスが最も良くなるように調整されたものですから、当たり前のことといえるのですが下手に社外品などに変えてしまうと低速でのトルクが無くなったり燃費が悪化してしまってデメリットばかりが起こりうるということになってしまいます。
街乗りでは限界に挑戦をするようなスピードというのが必要ありませんから、過不足なく発進加速することができれば十分でありそのようなところに限界域での性能をアップさせるマフラーに交換をしてもメリットはなくデメリットしか無いということになってしまうのです。
また、それだけでなくよく考えずにマフラーを選んだ場合には街乗りだけでなくサーキットなどでの走行性能も落ちてしまうということもあるため、デザインを重視するわけでないのであれば最初のままにしておくのが一番ということになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿