まさかの足止め!バッテリーが上がってしまったときの対策法

バッテリーが上がった状態とは、内部に貯められている電力が異常に低いか何らかの原因で放電できなくなっていることです。この現象が発生するとエンジンが始動しなったり始動中でもいきなり停止してしまうことがあります。
バッテリーが上がると電力が不足した状態になるため、何らかの方法で電力を供給してもらう必要があります。近くに車があり、協力してもらえるならばその車から電力を供給してもらうことができます。このとき、電力を供給する車のバッテリーとケーブルでつなぎ、エンジンをかけてやや回転数を高めに保持します。こうすることにより、外部からの電源供給でエンジンを始動することができるようになり、エンジンが始動してしまえば車への電力供給も行われるようになります。近くに車がないときは救援サービスを使って救援車を呼び、同じような対策を施します。
この方法を使えば一時的にエンジンを始動させることができますが、バッテリーが劣化していたり液量が異常に少なくなっていたりするとすぐにバッテリーが上がってしまうため、液の補充や本体の交換をしなければなりません。性能の低下したものを継続的に利用していると慢性的に上がりやすくなってしまうため特に注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿