ライトウォッシャーの働き

ライトウォッシャーとはその名前の通り、ライトの汚れを取り去ってくれる働きのあるものとなっています。
そのため、夜間などに車の運転中ライトに汚れが付着してしまい前方の視界が悪くなった時にこの機能を使うことで、視界を回復させることができるのです。

普通に使用をしている分にはライトが汚れて困るということはあまりありませんが、この機能が最も効率的に発揮されるのが降雪などの時となります。
最近の車のヘッドライトというのはHIDのものが増えてきていますが、これは従来のハロゲンのものと違い発熱量が低い特徴があります。。
発熱をしないというのは利点にもなるものですが、一方で欠点にもなってしまい特に降雪時などはライト周りに付いた雪を溶かすことができずにそのまま雪が付着したままとなってしまうことがあります。

降雪時というのは昼間であっても視界が不良になってしまうことがあるので、ライトをつけなければ走行できないということも多いものですがHIDの場合雪が邪魔をして正面をライトで照らすことができないという事態になってしまうことがあります。
そのような時にライトに付着した雪をウォッシャー液で溶かすことによって前方を照らすことができるようになるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿