車に付いているライトの種類

車のヘッドライトの種類の中でも定番なのがハロゲンです。
ハロゲンは最もオーソドックスなタイプであり、広く利用されています。現在でも純正状態ですとハロゲンが採用されている事もありますので、ベーシックな存在です。
続いてHIDがありますが、HIDはハロゲンよりも明るくなっています。また、ハロゲンがオレンジっぽい光なのに対し、HIDは白っぽい光です。自然光のような色合いとなっていますので、視認性が良いという魅力もあります。
現在ではHIDが主流になっているようですので、純正状態で装備されている事も珍しくありません。また、純正では装備されていない場合でもオプションでHIDを選ぶという方も多いようですので、人気のタイプと言えるのではないでしょうか。
その他にもLEDもあります。LEDは省電力であり、レーザービームのように前方を照らす事ができます。長寿命でもありますので長く利用する事ができるのも魅力です。
ただし、LEDは高価という短所があります。以前と比較すると多少は安くなっているようですが、それでも高価な存在ですので導入し難いという一面もあるのです。
性能で言えばLEDに魅力がありますが、性能と価格のバランスが優れているHIDが現在の主流と言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿