高速道路のトンネル内の照明はなぜオレンジなのか

高速道路のトンネル内の照明は、低圧ナトリウムランプを使用しているためオレンジ色に見えます。
低圧ナトリウムランプは、ガラス管にナトリウムの蒸気が封入されていて、光の色はオレンジ色です。
このランプが多く使用されている理由は、排気ガスなどの影響を受けずらく、暗い中でも物体の輪郭などがはっきりと分かりやすいので、事故の防止になると考えられているためです。
ただ色の弊害があり、赤が黒っぽく見えてしまいます。
そのため赤い消火栓は、蛍光の赤色で塗装され、オレンジ色の光の中で赤に見えるようになっています。
また、消費電力が少なく経済的で、寿命が長いといった利点もあります。
ですが、最近では低圧ナトリウムランプよりも消費電力が少なく寿命の長い蛍光ランプが開発されています。
蛍光ランプの色は白色のため色の判別が容易で、近年排気ガスが少なくなったこともあり、低圧ナトリウムランプを使う必要がなくなってきていて、この蛍光ランプを採用することが増えています。
蛍光ランプには気温が低すぎたり高すぎたりすると、明るさが落ちてしまう性質があるので、冬の気温がとても低い北海道などの地方では、これからも周囲の温度に左右されにくい低圧ナトリウムランプが使用されることが多いようです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿