高速道路の非常電話を確認しよう

高速道路で突然事故などのトラブルに合ったときどのように対処すればよいのでしょうか。その一つとして非常電話で道路管制センターに連絡をとるという方法があります。この電話は事故や車両故障、火災等のトラブルが発生した場合に道路管制センターに通報するための非常用の電話です。無料で利用でき、受話器をとるとすぐにつながります。センター側からどこの電話から連絡がきたのか分かりますので事故などに迅速に対応することができます。高速道路上では約1キロ間隔、トンネル内では約200メートル間隔で設置されています。首都高速道路では道路上で約500メートル間隔、トンネル内では約100メートル間隔です。高速道路上以外ではサービスエリアやパーキングエリア、インターチェンジ、非常口、非常駐車帯などにも設置されています。電話を受け取った道路管制センターは状況に応じて警察や消防、ロードサービスなどの関係機関に連絡します。また管理車両等の派遣や、電光掲示板・ハイウェイラジオでの事故情報の案内し他のドライバーにも注意喚起を促すことにより、事故の拡大を防止するよう働きかけます。また近くにこの電話がない場合や、車両から出るのが困難な場合は携帯電話から#9910に電話をかけることにより、同じように道路管制センターに連絡することができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿