これだとエンジンが始動困難!原因と解決策

車のエンジンが始動しない時は、いくつかの原因が考えられます。まず、オートマチック車の場合はギアが「パーキング」に入っているかどうか確認しましょう。オートマチック車の場合、ギアがパーキング以外に入っていると安全装置が働いてエンジンが始動しないようになっています。まずはギアを確認して、パーキング以外に入っている時はパーキングに入れましょう。マニュアル車の場合もオートマチック車と同じく安全装置が搭載されており、クラッチを踏んだ状態でないとエンジンがかかりません。十分注意しましょう。ギアやクラッチに問題がない場合は、「ガス欠」を疑いましょう。車はガソリンを燃やして走行するため、ガス欠の状態では車はびくともしません。ギアやガソリンに問題がない場合は、バッテリー上がりまたはエンジンを動かすセルモーターの故障が疑われます。バッテリーとセルモーターの両方が正常に機能していることで、初めてエンジンを始動させることが出来ます。もし、セルモーターに問題がある場合は交換し、バッテリーが上がっている場合や不具合を起こしている場合は、充電するかバッテリーごと交換することで問題が解決します。それでもかからない場合は、車のメインヒューズが切れてしまっていることが考えられます。メインヒューズが切れている場合は、車のディーラーまたは修理店に持ち込んで修理を依頼しましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿