こんなときはどうすればいい?オイル警告灯が点灯&点滅したら

最近は車のメンテナンスは業者が手厚くやってくれますので、自分では何もする必要がないのが普通になってきています。しかし、運転中に何かしらのトラブルが発生することは考えられますし、出先では自分で何とかするしかない状況もありえますので、タイヤ交換などの最低限必要なことは出来る様になっておきたいものです。
最低限といえば、オイル交換についても把握しておくことをおすすめします。オイル交換は車検の時だけで済ませている方も多いと思いますが、それだけだと稀にオイル警告灯が点灯することもありえます。オイル警告灯は普段ほとんど点灯や点滅をしませんから、なかなか事の重大さを認識しづらい問題です。オイル不足を放置しておくと、エンジンが潤滑な動きをおこなえず不具合が生じ、最悪エンジンブローを起こしかねません。そうなってしまうと、エンジンの修理は難しく、エンジン自体を積み替えなくてはならなくなり、多くの出費を要することになってしまうのです。
オイル交換は車にとって大事な問題ですから、車検時だけでなく、常に意識しておくようにしましょう。そしてオイル警告灯が点灯、点滅した場合には、速やかなオイル交換をおこなうことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿