故意の事故と保険金

対人賠償保険というのは、契約中の自動車を運行中に事故を起こし、他人にケガ、後遺障害、死亡といった人身上の損害を与えてしまった場合に、その損害を賠償する必要から、所定の保険金が支払われるというタイプの自動車保険です。一般に、自動車保険というのは、偶発的に発生してしまった事故による損害を補償するのが目的となっていますので、もしもドライバーが故意に事故を起こしたというのであれば、それは他の契約者との公平性や信頼関係にもかかわりますので、保険金は支払われないというのが原則です。しかし、自動車保険が適用されず、かといって加害者のほうでも損害賠償金を自前で負担するだけの財力もないという場合は、ケガをした人は結局救済されず、治療費や通院のための交通費などをすべて自己負担でまかなわざるを得ないということになってしまいます。これはそもそも対人賠償保険に交通事故の被害者を救済するという目的があることを考えると、かなり矛盾した話になってしまいます。そのため、たとえば契約中の車の所有者が、他人にその車を貸したところ、借りた人が故意で事故を起こして他人を傷つけたといった場合には、例外的な取り扱いとして、保険金が下りることもあるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿