キセノンライトを使ったタイプ

車のライトには大きく分けて3つの種類があります。一般的なのはハロゲンを使ったライトです。ハロゲンは白熱電球と同じ原理で動き、コストが安いというメリットが有ります。次におおいのがHIDです。HIDは中にキセノンガスが入っており、キセノンライトとも呼ばれます。ハロゲンと違い、フィラメントがいらないので高寿命であり、光量もハロゲンよりもかなり多いです。そして最近登場したのがLEDです。家庭用のLEDライトと同じで車用はハロゲンの代わりに使えるタイプもふえてきて採用される車両も増えています。光量はHID並ですが、発熱量が低いので電気を食わないので燃費走行にも寄与すると言われています。HIDとLEDの違いは光量と価格です。LEDはまだまだ販売数が少ないこともあり、高めに設定されています。HIDは価格面で有利ですが、LEDと違い、高電圧が必要となるので特殊な装置の取り付けが必要であり、エンジンルームが狭いと取り付けが難しいとも言われています。LEDとHIDをどちらを選ぶかはコスト面と光方で選ぶ方が多いです。特に光り方については白っぽくなるのがLEDの特徴ですが、昼のような自然な光方とも言えます。それに対してHIDはハロゲンのさらに明るい感じなのでこれまでのライトに慣れている方はHIDの方がよいと考える方もおおいようです

コメントは受け付けていません。

最近の投稿