環境税と地球温暖化の関わり方

近年、異常気象や自然界への深刻なダメージの原因とされている、地球温暖化への懸念が強まりつつあります。その進行を防ぐ目的で、日本でも2012年10月1日から地球温暖化対策のための税として、環境税が施行されました。これは石油やガスや石炭などすべての燃料に対して、二酸化炭素の排出量1トン当たりの税金が289円になるように設定されています。また急激に家計への負担が増えないよう、3段階に分けて引き上げられます。
この税金は燃料に対してかけられるものですから、自動車を保有している人に、実際にはガソリン代の値上げという形で関わってきます。具体的な金額で見てみると、2012年10月からは1リットル当たり0.25円、2014年4月からは0.5円で、最終的には2016年4月に0.76円の負担となります。ガソリン1リットルにかかる0.76円を、一般的な家庭での一年間のガソリン使用量で換算してみると約350円ほどになります。
ガソリンの使用量が減少すれば、二酸化炭素の排出量も税金も削減できますので、エコドライブを心がけるのは大切です。例えばアイドリングを1日5分減らすなら、年間約39kgの二酸化炭素の排出量の削減が可能になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿