違反者講習の中身と実情

違反者講習は運転免許を持ち運転している人が、軽微違反行為を繰り返し一定の基準に該当した人が受ける講習です。一定の基準とは、一時不停止やシートベルト違反などの違反点数が3点以下の違反を繰り返し、累積点数が6点になった人を指しています。つまり、累積点数が6点でもその中の違反で4点以上の違反が一回でもあると該当者にはなりません。
この講習の該当者になると、免許更新のお知らせの際にその講習を受けるように支持されます。案内が来て初めて受けられる講習となります。講習時間は法律で6時間と定められ、コースが2つ用意されています。社会参加活動を含む講習と、含まない講習です。料金は社会活動を含む講習が10250円、含まない講習が14250円となっています。対象者はどちらかを選び受けることになります。料金が安いので社会活動を含む講習を選ぶ人が多いようです。朝9時から始まったとしても、お昼をはさんで16時くらいまで。1日かかる講習となっています。午前中はどちらのコースも座学学習。午後は実車による診断と指導。社会参加活動を含む講習の場合には、実際に一般の道路などまで行って、交通安全を図るための活動を行います。最後に感想文を書いて終了となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿