補償内容について

損害保険会社の自動車保険の内容には必ず対人賠償保険が含まれていますが、この保険の補償内容はどのようなものになっているのでしょうか。
対人賠償保険は、自動車を運転中に遭遇した事故において、相手方の自動車の乗員や歩行者などを死亡あるいは負傷させて損害賠償責任を負うことになり、その賠償額が自動車賠償責任保険から支払われる保険金の金額を超える場合に支払いの対象となります。対人賠償保険の補償範囲は幅広く、怪我や後遺障害の治療にかけた費用だけでなく、付添人が被害者の看護にかける費用や、休業損失や遺失利益といった事故に遭遇していなければ得られていた可能性がある収入、精神的な障害なども補償の対象となります。ただし、事故によって損傷した自動車や建物の修理代は、対人賠償保険ではなく対物賠償保険の中から支払われることになります。
自動車保険には対人賠償保険以外にも様々な種類の保険がありますが、どれも受け取れる保険金の金額には上限が設けられています。しかし、対人賠償保険についても一部に上限が設けられている商品はありますが、基本的には上限は無制限となっています。これは、死亡者や負傷者が出た交通事故では賠償額が多額になることがしばしばあるためです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿