保険について:対人賠償保険

自動車保険にはさまざまなタイプがありますので、それらを目的にしたがって組み合わせて契約することになります。はじめから複数のタイプがパッケージ化されているものもありますが、この場合であっても、どのようなタイプの保険の組み合わせであるかをチェックして、不足があればオプションとして付け加えるのが適当といえます。そうした自動車保険のタイプのなかでも、対人賠償保険はもっとも基本になるものといえます。対人賠償保険は、自動車を使用中の事故によって、他人にケガをさせたり、後遺障害を負わせてしまったり、死亡させたりした場合について、約款に定められている限度内で、その損害に見合った金額が保険金として支払われるというものです。ドライバーが強制的に加入させられる自動車保険として、自賠責保険とよばれるものもありますが、自動車事故における最低限の補償を目的としたものであるため、保険金の金額も低くなっており、実際に損害賠償を支払う上では不足してしまうことが多いものです。現在では交通事故をめぐる訴訟になった場合には、数億円規模の損害賠償の支払いを求める判決なども出てきているため、いざというときの備えとして、任意の自動車保険としての対人賠償保険への加入が、きわめて重要となってきています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿