保険について:対物賠償保険

自動車保険の対物賠償保険は、相手の車や公共物など自分以外の財物に損害を与えてしまった場合に補償される保険で、損害によって生じた営業損失や休業損失になった場合も修理が終わるまで補償されます。
契約は保険会社によって異なりますが、500万円、1000万円、無制限などと契約者が限度額を選べ、限度額が高くなると保険料も高くなる傾向にあり、対物賠償保険に加入していない場合は、損害を与えてしまった物の修理代や営業損失・休業損失などは、全額自腹で支払う事になりますので、重要性が高い保険となっています。
対物賠償保険の補償範囲は自分以外の財物と限定しているので、保険の契約者や家族などが所有・管理などしている財物は補償の対象外となりますので注意が必要です。
保険金額は、交通事故の際に過失の割合を示す過失割合によって定められていて、自分自身の過失割合分だけが相手に支払われるシステムとなっているので、低い限度額で対物賠償保険を契約していて賠償金の支払額が限度額を超えてしまった場合、不足分は自分で支払う必要があります。
また、対物賠償保険は飲酒運転などの違法行為をして交通事故を起こし、自分以外の財物に損傷を与えてしまった場合も補償されます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿