グリーン減税の条件と基本知識

グリーン減税とはグリーン投資減税のことで太陽光発電システムや風力発電システムといった再生可能エネルギーなどの設備の設置においてそのかかる初期導入費用をある程度軽くしようとすることでこれらのシステムの導入を促進するための制度のことです。
この減税を受けることができる対象者には条件があり、青色申告をしている個人または法人で再生可能エネルギーシステムを製作、取得、建設した日から1年以内に国内で事業の用に供した場合に適用されます。対象となる設備はグリーン投資減税対象設備一覧にて確認することができます。
償却の方法ですが、主に三つあり、一つ目は普通償却に加えて、基準取得価額(計算基礎となる価額)の30%相当額を限度として償却できる特別償却。二つ目は中小企業者等のみが対象となる、基準取得価額の7%相当額の税額控除(供用年度の所得に対する法人税額の20%相当額が限度)。三つ目は一定の期間内に取得等して、取得価額の全額(100%)を償却する即時償却。の中から好きな方法にて償却することができます。
どの方法が企業にとってメリットが高いかは、その会社の経営戦略や決算などによって大きく変動するため、どの方法で償却するかは各企業の状態によって異なります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿