減速比について

減速比は、1速から5速まで(車種によっては6速まで)あるトランスミッションのギヤの比率である「変速比」と同じものを指す場合もありますが、自動車のカタログの諸元などの項目で使い分けて記述がなされている場合には、多くは「ファイナルレシオ」と呼ばれるもののことを指しています。
自動車のエンジンの動力は、クランクシャフトからトランスミッション(変速機)、ディファレンシャル(差動装置)を経てタイヤに伝わります。一般にはトランスミッションのギヤのほうが知られていますが、ディファレンシャルの中にもギヤ(歯車)があり、これは1速から5速までのどのギヤを使って運転したとしても、等しく用いられているものです。
このディファレンシャルのギヤの比率を表した数値がファイナルレシオにあたります。言い換えれば、自動車のタイヤが1回転する際に、ディファレンシャルのギヤは何回転するのかを表した数値のことです。
ファイナルレシオの数値が大きいものは、配達などで市街地の道路を低速走行することがもっぱらの商用車や小型の乗用車に多く用いられ、逆に数値が小さいものは高速走行に向いているため、スポーツカーや高級乗用車などに多く採用されています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿