エキゾーストマニホールドって?

シリンダー内で爆発し動力を発生させる空気とガソリンは、インジェクター(燃料噴射装置)もしくはキャブレター(気化器)によってガス状になり、インテークマニホールド(吸気マニホールド)を通ってシリンダーヘッドの吸気口に吸い込まれます。シリンダー内で燃焼したガスは、シリンダーヘッドの排気口からエキゾーストマニホールドを通ってエキゾーストパイプに伝わりマフラーへ導かれます。シリンダーヘッドの吸気口と排気口の位置を見てますと、吸気口は排気口に挟まれていることが分かります。従って、インテークマニホールドはエキゾーストマニホールドに囲まれます。このようにすることでインテークマニホールドを通るガスは排気の熱で暖められることになり、燃焼が容易になります。エキゾーストマニホールドは、排気多岐管と呼ばれます。エキゾーストマニホールドは、4気筒ならば4本足であり、最終的に1本にまとめる役割があるからです。エキゾーストマニホールドが導く排気ガスのまとめ方次第で排気効率が大きく左右することがあります。4本足を普通に1本にまとめると外側2本は長く内側2本は短くなりますが、これは実は排気効率の点でいい状態ではありません。そこで用いられるのが等長管です。パイプの長さを合わせてくねらせるのでタコ足とも呼ばれています。こうすることで排気干渉を起こしにくくしパワーダウンを防ぎます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿