営業損失の補償とは

自動車事故で、もしも営業車や、バス・タクシーなどに被害をあたえてしまった場合は、営業損失が発生します。修理が終わるまでは、営業ができず休業が余儀なくされます。またお店に突っ込んでしまった場合は、営業再開にはお店の修理が必要です。その修理が終わるまでの間を補償できるのが、対物賠償保険です。
加入が義務づけられている自賠責保険や対人賠償保険では、こういった物に対する補償は一切ありません。例えばもしも踏切で立ちどまってしまい、電車が停止する事態になったらどうでしょうか。それに伴う営業損失は計り知れません。そのためには、対人賠償保険のみでなく対物賠償保険に入る必要があります。ただし、補償には対象外があります。家族や親戚など身内のお店や車だった場合には、適用されませんので注意が必要です。
また事前に確認しておく必要があるのが、補償額が幾らかということです。対物事故による営業損失は、場合によっては数千万する可能性などもでてきます。例えば五千万円請求され、その際に補償額が一千万円だったら、四千万円は結局自分で補償しないといけないのです。また示談交渉も自分でしないといけなくなります。そのため、出来るだけ無制限の補償額に加入しておくことが必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿