ダブルウィッシュボーン式コイルスプリングとは

車のサスペンション形式には色々な形式があります。ストラット形式、ダブルウイッシュボーン形式、マルチリンク形式、トーションビーム形式などです。中でもダブルウィッシュボーン式コイルスプリングは、上下2組のアームでタイヤを支持する形式で、A型のアームが鳥の叉骨に似ていることからダブルウイッシュボーンと呼ばれています。ダブルウイッシュボーン形式は、コーナリング中においても可能な限りタイヤの接地面が維持されるということで、主にスポーツカーやレーシングカーに採用されています。またサスペンションストロークがスムーズ、設計の制約が少ない、ジオメトリー設定を自由に変えられるというメリットを有しています。これらの理由から細かなセッティングを繰り返すレーシングカーにはうってつけの形式といえます。反面、構造が複雑で部品点数も多いことから生産コストが高い、エンジンルームやトランクルームの容積が制約されるといったデメリットがあります。ダブルウイッシュボーンは、各車のバランス、セッティング、製造上の制約などから、前後に採用される場合もあれば、前輪のみという場合もあります。ひとつの誤解として、ダブルウイッシュボーンがストラットよりも高級な形式であるという理由から、乗り心地の面でも優位であるという声がありますが、乗り心地は形式で決まるわけではありません。安定性や乗り心地というのは結局は各部品の剛性、スプリングやショックアブゾーバーの設定方法、アーム長などで決まります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿