コーナリングランプの働き

夜のドライブにおいて、ライトは大変重要です。前方を照らすライトとしてヘッドライトやフォグランプがあります。両方のライトがヘッドライトとフォグランプの両方を点灯させると、かなり明るくなり、前方が見やすくなります。また、サイドを照らすライトとして、コーナリングランプと呼ばれるものがあります。これは右折や左折をするときに、曲がる側を照らすライトのことです。

国産車でこのライトが付いているクルマはそう多くはありません。付いていないと運転ができないというわけでもありませんが、実際にコーナーを照らすライトが付いているクルマを運転してみると、コーナリングにおける安心感が増すのがわかるはずです。特に左折をするときに人や自転車、バイクなどを巻き込むのを防ぐ効果があります。

たとえば、街灯がないような道の場合は、歩道を歩いている人や自転車などは見えにくいものです。ところが、このライトがあると光に歩行者や自転車が照らし出されますので、よりクリアに見えるようになり、危険を察知することができます。そのために、ないよりはあるほうが明らかに良いと言えます。もしオプションで装着が可能であれば、予算が許す限り装着すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿