‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

納車費用と忘れがちなポイント

2015/10/16

車を買う際に意外と見落としがちなポイントとして納車費用があります。車を買う際、見積を取る方が多いと思いますが意外と高い諸経費に驚く方も多いようです。諸経費のうち、各種税金は値引きが全く出来ません。ただし、納車に関する費用については値引き交渉を行えます。納車にかかる費用として計上されるのが、ナンバー取得費、車庫証明取得費、ガソリン代、納車のための運搬費です。この内、ガソリン代と運搬費はディーラーで受け取れば形状されないことが多いです。他の費用に関しては値引き交渉が可能な部分です。特に各種値取得の手数料については数万円なので値引きとして頑張りたいところです。また、ガソリン代については値引きの本当の最後に満タンを条件にいれるのことがしやすいので忘れずに交渉したいところです。車を受け取るのはディーラーで行う場合が多いですが、自宅で受け取りたいという方もいます。その場合には積載車で運搬となりますが、1万円程度はかかることがあるので、この点も値引き交渉のしがいがあります。納車に関する費用はディーラーが外注する費用が多いので値引きを渋る場合も多いですが、数万円という低めの価格帯なので粘って見る価値はあります。

必ず受講!一般人運転者講習とは?

2015/10/16

免許を更新する際、必ず受ける事になるのが、講習です。
講習は、4つの種類があり、どの講習を受ける事になるかは、それまでの実績によって変わってきます。
免許の取得後、最初の更新の際、無事故無違反、もしくは軽度な違反が1回以内の人が受けるのが、初回更新者講習です。
その後の講習は、違反の状態によって変わってきます。
5年間、無事故無違反の場合、その後は、優良運転者講習になります。
5年以内に、経度な違反を2回以上、もしくは経度にあたらない事故や違反をした場合、違反運転者講習となります。
そして、5年以内に軽度な違反を1回だけした場合、一般人運転者講習となります。
この際に、覚えおきたいのが、5年という期間の考え方です。
現在、5年間無事故無違反の優良運転者は、免許の更新が5年おきになりますが、それ以外は3年で更新となります。
講習を受ければ、そこで違反や事故は過去のものになると考える人も少なくありませんが、違反後の講習を受けても、次回の更新から数えて、その違反が5年以内に含まれる場合は、5年以内に違反があったという事になり、再び一般者という扱いになります。
免許更新の際の講習は、違反の回数や時期によって変わってきます。

取り消し処分者講習の内容とは?

2015/10/16

普通自動車免許を取得した際にも注意されますが、運転免許証の書き換えは特に注意が必要です。免許証の書き換えは初心者の時、ブルー免許、ゴールド免許で変わってきますが、3年、5年と人によって期間が違います。特にゴールド免許からブルー免許に変わった場合に書き換え期間が短くなったことを忘れていたという方も多いようです。このような場合、うっかり失効として取り消し処分者講習を受けることで免許が復活することが多いですが、出来る限り、適正な期間で更新をすることが大事です。免許の取消は各種違反の結果ですが、講習を受け、罰金を支払うことで復活するという方も少なくありません。取り消しになる方で多いのがスピード違反、酒気帯び運転、人身事故などです。これらは1回目の処分から重く、取り消しと罰金となることが多いようです。人身事故の場合は死亡者を出した場合などでは勾留も行われることがありさらに重くなります。免許は取得に時間と手間とお金がかかっていますが、失うときにも同じように多大なコストを支払うことになります。事故は自分だけでは防げないことが多いですが、スピード違反などの各交通違反は自分がしっかりしていれば守れますので日頃から安全運転が大事です

違反者講習の中身と実情

2015/10/16

違反者講習は運転免許を持ち運転している人が、軽微違反行為を繰り返し一定の基準に該当した人が受ける講習です。一定の基準とは、一時不停止やシートベルト違反などの違反点数が3点以下の違反を繰り返し、累積点数が6点になった人を指しています。つまり、累積点数が6点でもその中の違反で4点以上の違反が一回でもあると該当者にはなりません。
この講習の該当者になると、免許更新のお知らせの際にその講習を受けるように支持されます。案内が来て初めて受けられる講習となります。講習時間は法律で6時間と定められ、コースが2つ用意されています。社会参加活動を含む講習と、含まない講習です。料金は社会活動を含む講習が10250円、含まない講習が14250円となっています。対象者はどちらかを選び受けることになります。料金が安いので社会活動を含む講習を選ぶ人が多いようです。朝9時から始まったとしても、お昼をはさんで16時くらいまで。1日かかる講習となっています。午前中はどちらのコースも座学学習。午後は実車による診断と指導。社会参加活動を含む講習の場合には、実際に一般の道路などまで行って、交通安全を図るための活動を行います。最後に感想文を書いて終了となります。

免許停止処分の講習会の役割

2015/10/16

運転免許を持っている人が、車などを運転している時に交通違反を起こしてしまった時は、反則金とともに「違反点数」が加算されます。これは、交通違反を犯した際に違反の度合いによって加算されるものです。そして、この違反点数が特定の基準まで溜まってしまうと、免許停止の処分を受けることになります。その基準とされる点数は「6点」で、何度も違反を重ねてしまい、違反点数が6点になってしまうと免許停止となります。免許停止処分者講習は、運転免許の停止処分を受けた人が任意で受けることが出来る講習です。通常免許停止の処分を受けると、30日から180日間は一切の運転が出来なくなりますが、この講習を受けることで免許停止の期間を短縮することが出来ます。また、この講習はあくまで任意のため、必ず受けなければならないものではありません。この講習を受けなくても、免許停止期間が過ぎてしまえば再び運転が出来るようになります。しかし、ドライバーなど職業上運転が必須である人の場合は、仕事に大きな支障をきたすため、事実上受講が必要不可欠であると言えます。そして、この講習は免許停止の期間によって3種類に区分されており、短縮される期間や講習時間、費用がそれぞれ異なります。ピーマン02 フルーツ01

最近の投稿